矯正治療の方法・装置

矯正治療には様々な方法と装置があります。
そのため、検査・診断・患者さまのご希望により、最適な方法で治療を行っていきます。

ストレートワイヤー法

マルチブラケット装置+シルバーワイヤー

マルチブラケット装置とシルバーワイヤーの組み合わせは、ストレートワイヤー法による矯正治療の装置のなかでも、標準的なタイプといえます。

マルチブラケット装置

天然歯の色(黄白色)に近いゴールドワイヤーを用いた装置は、矯正治療中もシルバーワイヤーに比べて審美的に優れています。

セラミック装置

半透明のセラミックとホワイトコートされたメタルを組み合わせたブラケット装置を用いる方法です。
ワイヤーとブラケットに生じる摩擦を少なくすることで、歯列をダイナミックに動かします。

リンガル(舌側矯正)法

リンガル(舌側矯正)装置

矯正歯科

リンガル(舌側矯正)法は、歯の裏側に装置をつけて治療を行うため、ほとんど目立たない方法です。難症例や歯の移動量が多い場合などでは、補助装置の併用等ございますので、担当医までご相談ください。

ミニインプラント アンカレッジ法

ミニインプラントアンカレッジ法は、ミニインプラントを埋設し、これを固定源として矯正治療を行う方法です。歯の確実な移動が可能となるため、治療期間の大幅な短縮化や、良い治療結果が得られやすくなります。詳しくは担当医までご相談ください。